髪の毛が薄くなってくると、育毛剤や発毛剤が気になりますよね。中には、どちらを使用したらいいのか迷う方もいます。そこで育毛剤と発毛剤の効果の違いを紹介します。

症状に合わせて育毛剤を使用するか発毛剤を使用するか決めましょう。

発毛剤の効果は?

発毛剤とは、髪の毛を発毛させるのに効果的な商品です。ただ、AGA(男性型脱毛症)の方が使用しても、効果は、あまりありません。

AGAの場合は、加齢とともに増す男性ホルモンが原因となっているので、根本的な原因を解決しないと薄毛を解消することはできません。

発毛剤を使用して効果が期待できるのは、AGA以外の症状で薄毛になっている場合です。

例えば女性の薄毛や、髪の毛全体が薄くなってきている場合や髪の毛の分け目が薄くなっているような場合です。そのようなAGA以外の症状のときは、発毛剤がおすすめです。

育毛剤の効果は?

育毛剤は、AGAの症状がある方におすすめです。育毛剤には、AGAの原因である悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンの発生を抑える効果が期待できます。

ジヒドロテストステロンの発生を抑えればAGAの症状が改善されて、髪の毛も生えてきやすくなるのです。育毛剤を選ぶときのポイントは、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを抑制してくれる効果のある成分が配合された育毛剤を選ぶとよいでしょう。中でもチャップアップは、8種類のジヒドロテストステロン抑制成分を含んでいるのでAGAの方に効果が高いからおすすめです。

育毛剤の成分まとめ→https://ikumoufirst2018.com/

AGAは、早めに対策しよう

AGAは、放置しておくとどんどん症状が進んでしまいます。早めに対策することで進行を抑えることができるから早めに対策しましょう。育毛剤を使用したり、AGAの専門クリニックに行くのもおすすめです。早めに対策して症状の進行を抑えましょう。

症状が進行してしまうと、なかなか改善するのも難しくなります。育毛剤は、通販サイトで購入できるから、口コミや評判のよいものを試してみてもよいですね。

育毛剤や発毛剤の効果の違いについて紹介しました。

AGA以外の薄毛で悩んでいる方は、発毛剤を使用してみましょう。AGAの場合は、ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果が期待できる育毛剤でケアするのがおすすめです。

AGAクリニックもたくさんあるので、クリニックを利用して治療するのもおすすめです。早めに対策して進行を防いでいきましょう。